横浜市緑区・長津田でリトルリーグショルダーの治療は長津田あおば接骨院

2019/08/28 野球でのケガ

横浜市緑区・長津田でリトルリーグショルダーの治療は長津田あおば接骨院

 

「野球肩」「リトルリーガーズショルダー」と呼ばれるこの疾患は、「上腕骨近位骨端離開」が正式名称です。

成長期、特に13ー15歳頃に多い疾患と言われますが、経験上、小学生高学年でも起こる疾患です。

骨が成長するために必要な“成長軟骨”“骨端線”として存在しています。

この軟骨が、この疾患でダメージを受けてしまう場所になります。

原因は投球時の、捻転力と剪断力です。

投球時に、「肘が低い」「腕が身体から離れてしまう」「開きが早い」「インステップしてしまう」「倒し投げ」などの投球フォームのミスが原因になります。

柔軟性や筋力といった身体機能や投球数、投球強度のミスなどの原因もありますが、投球フォームの乱れがきっかけになってしまっていることが多くあります。

 

つまり、完全に治すためには「患部の治療環境を整えること」「関節可動域などの身体機能のコンディショニング」「投球フォームの修正」が必要不可欠です。

 

当院は「リトルリーグショルダー」の治療のために、「患部へのアプローチ」「全身の身体機能へのアプローチ」「障害予防のための投球フォーム指導(投球リハビリ外来)」などで総合的に再発予防、パフォーマンスアップを含めた治療ができるのが特徴です。

 

早期発見、早期治療が大切ですが、発症した後に「どうするか」がポイントです。

成長期の肩の痛みから一般の方まで幅広くサポートいたします。

また、野球以外のスポーツの怪我や痛み、一般診療まで対応しておりますので、身体で不調やお困りのことがあればお気軽に当院にご来院ください。

交通事故治療にも対応しております。

 

当院は専用駐車場あり、土日祝日も夜9時まで診療しております。

アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階です。

横浜市青葉区・都筑区、東京都町田市、川崎市からもアクセスしやすいため、多数の患者様が来院されております。

横浜市緑区・長津田で「リトルリーグショルダー」の治療は長津田あおば接骨院にお任せください。

 

 

*「小学生に多い野球肘の症状」はコチラ

*「野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)小学生」はコチラ

*「リトルリーガーズショルダー(野球肩)小学生・中学生」はコチラ

*「長津田でリトルリーガーズショルダーの治療ができる接骨院」はコチラ

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?」はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?」はこちら

※「投球リハビリ外来について」はこちら

※「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

※「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

※「スナップスローについて(動画)」はこちら

※「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

専用駐車場あり

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院