突き指の治療は横浜市緑区の長津田あおば接骨院へ

2019/10/07 ブログ

横浜市緑区で突き指の治療は長津田あおば接骨院

 

野球やソフトボール、バレーボール、バスケットボール、サッカーなどの様々な球技でよく起こる怪我の一つに「突き指」があります。

正確には「指の関節の捻挫」です。

「突き指は引っ張って治す」と聞いたことがありますが、実際は「引っ張ってはいけません」

なぜなら、「突き指」は指の関節の捻挫なので、関節の周りにある靭帯や腱が損傷しているからです。

傷口を引っ張ってしまっては、閉じるどころか開いてしまいます。

 

軽度の脱臼であれば、引っ張ることで自己整復できることもありますが、それも本来はやめた方がいいです。

 

「突き指」をした場合は、自己判断で引っ張ったりせずに、まずは安静にして、出来る範囲でアイシング(冷やす)した方がいいです。

その後、なるべく早く医療機関等を受診することをおすすめします。

 

 

長津田あおば接骨院では、発生機序や実際の症状などから骨折の疑いがあるかどうか判断をした後に、適切な応急処置をいたします。

 

「試合に出たい!」「大会に間に合わせたい!」「練習を休みたくない!」などの要望にも可能な限り、真剣にお応えします。

 

当院は土日祝日も夜9時まで診療、専用駐車場も完備しております。

横浜市青葉区・都筑区・旭区に隣接しており、東京都町田市や川崎市からも多数の患者様が来院されております。

 

突き指の治療は長津田あおば接骨院にお任せください。

 

 

*「小学生に多い野球肘の症状」はコチラ

*「野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)小学生」はコチラ

*「リトルリーガーズショルダー(野球肩)小学生・中学生」はコチラ

*「長津田でリトルリーガーズショルダーの治療ができる接骨院」はコチラ

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?」はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?」はこちら

※「投球リハビリ外来について」はこちら

※「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

※「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

※「スナップスローについて(動画)」はこちら

※「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

<アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

専用駐車場あり

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院