タナ障害(たな障害)「膝がパキパキする」は長津田あおば接骨院へ

2019/06/12 バスケットボールでのケガ

タナ障害(たな障害)「膝がパキパキする」は長津田あおば接骨院へ

 

膝を曲げ伸ばしすると「パキパキ」と音がする。

曲げ伸ばしをすると痛い。

この症状は、棚障害の疑いがあります。

膝の関節は関節包という膜の袋に包まれています。

通常、「水が溜まる」という現象は、この関節包の中に溜まることをいいます。

写真の模型は右膝ですが、膝の内側のお皿の下に、関節の袋が重なっているような場所があります。

この部分を滑膜ヒダといい、膝の屈伸運動や打撲などで炎症が起こると、「パキパキ」という音や、痛みが伴うようになります。

炎症が強くなると、痛みで膝が曲げられなくなってしまうこともあります。

 

当院では、症状に合わせて固定やテーピング、周囲への筋肉のマッサージ、ストレッチなどで、一日も早く痛みが取れるように治療計画を立てさせて頂きます。

どうしても部活が休めない、といった事情も踏まえた上で、できる限りのサポートをお約束します。

 

「痛みがあるけど休めない!」

そんなお悩みをお持ちの方は遠慮なく当院にご相談ください。

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院