「スパイクやサーブを打つと肩が痛い」は長津田あおば接骨院へ

2019/06/25 バレーボールでのケガ

「スパイクやサーブを打つと肩が痛い」は長津田あおば接骨院へ

 

スパイクやサーブを打つと肩が痛い。

そういった症状を抱える方は多いのではないでしょうか?

肩には“回旋筋腱板”と呼ばれるインナーマッスルがあります。

この筋肉は、腕を挙げたり捻ったりする時に働く筋肉です。

バレーをしている方に多いのが、これらの筋肉がオーバーユースになり、その固さが原因での痛みです。

 

・実際にサーブやスパイクを打とうとして、腕を挙げる時。

・振り上げた腕を、ボールに強くインパクトさせようと加速させる時。

・実際に手とボールがインパクト(ミート)した時。

・ボールを打ち終わって、加速した腕を減速させる時。

 

その全ての動作において、回旋筋腱板は強く働きます。

 

筋肉が固くなっている状態でプレーを続ければ、場合によっては筋肉に傷がついてしまう(肉離れ)こともあります。

痛いのを我慢してプレーを続けていると、筋肉だけではなく関節唇と呼ばれる大切な軟骨や、その他の筋肉や腱が損傷したり、関節で癒着(拘縮)を起こしてしまったりなど、治りが悪くなってしまいます。

 

練習量が多い中学生・高校生なども注意が必要です。

 

バレーボールでの肩の痛み。

ぜひ土日祝日も夜9時まで診療の当院にお任せ下さい。

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院