バレーボールでの突き指は長津田あおば接骨院へ

2019/06/11 バレーボールでのケガ

バレーボールでの突き指は長津田あおば接骨院へ

 

バレーボールでのケガで多いのは「突き指」です。

指の関節には、側副靭帯というバンドが指の外側にあります。(青の線)

ブロックなどで、指先が強く伸ばされてしまうと側副靭帯が部分的に損傷します。

靭帯が部分損傷を起こすと、腫れて痛んだり、指の曲げ伸ばしが制限されたりします。

突き指は「引っ張って治す」と聞いたことがあると思いますが、部分的に靭帯が損傷(切れていたり)、骨折を起こしていることもあるので、無理に引っ張ってはいけません。

 

当院では、状態に応じて、アルミの副子(添え木)で固定したり、特殊な素材で固定を作製したり、テーピングで処置をします。

 

バレーボールでのケガでお悩みの方は当院にご相談ください。

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院