四十肩は横浜市緑区の長津田あおば接骨院へ

2020/01/24 肩の痛み

四十肩は横浜市緑区の長津田あおば接骨院へ

 

四十肩は「肩関節周囲炎」が正式名称です。

肩関節の周囲で起こった痛みや炎症によるものを総称しています。

 

肩には“インナーマッスル”と呼ばれる細かい筋肉や、靭帯、腱、アウターマッスル(筋肉)などが覆っており、関節が自由に動く代わりに、そういった組織によって安定性と可動性が保たれています。

 

日常生活動作には“肩”を使う動作がとても多いのがポイントです。

例えば、掃除や洗濯、買い物などの荷物を持つ動作、髪を洗う動作や身体を洗う動作、食器洗いや料理、歯磨き、洗顔、着替え、エプロンを結ぶ動作、ズボンを履く動作など数を挙げればキリがありません。

 

さらに年齢を重ねることで、筋肉の腱や靭帯などの軟部組織が変性を起こしやすくなります。

“ガサガサ”になるイメージです。

そこに、日常生活動作による負担などでストレスがかかると炎症などを起こしやすくなります。

 

「四十肩は放っておけばそのうち治る」

これは半分本当で半分はウソです。

一時的な筋肉の緊張や軽度の炎症くらいであれば、自己治癒力で回復します。

ところが、回復力よりもダメージが大きかったり、負担を積み重ねることで痛みは強くなります。

また、痛みのために動かさないでいることで、関節が固まってきます(拘縮)。

そうすると、関節自体の動きが制限されます。

この状態になってしまうと、放っておけば放っておくほど治りません。

拘縮と呼ばれる関節の固まった状態は、リハビリが必要です。

放置しすぎると、リハビリをしても完全には回復されないことがわかっています。

 

症状のスタートは些細な痛みから始まることがほとんどです。

日常生活で肩に些細な痛みを感じたら、早めの受診をおすすめします。

 

当院は土日祝日も夜9時まで診療、専用駐車場も完備しており、建物内にエレベーターもあるため、ベビーカーでのご来院も可能です。

院内にベビーカー置場もあり、キッズスペースのご用意もあるため、小さいお子様連れの患者様も安心してご通院いただけます。

横浜市緑区・青葉区・都筑区・旭区・瀬谷区、東京都町田市に隣接しており、非常にアクセスしやすく川崎市内からも多数の患者様が来院されております。

 

四十肩は横浜市緑区の長津田あおば接骨院へ

 

※「日常生活の痛みについて」はこちら

※「スポーツによる怪我や痛みについて」はこちら

※「交通事故の治療について」はこちら

※「横浜市緑区の整骨院は長津田あおば接骨院」はこちら

※「緑区の接骨院は長津田あおば接骨院」はこちら

※「横浜市緑区の治療院は長津田あおば接骨院」はこちら

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所:〒226-0018 

神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX:045-507-7260

<アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

 

診療時間 :9:00-13:00/16:00-21:00

休診日:火曜日 午前の部

※不定休のため、当院ホームページ「休診情報」もしくは当院にお問い合わせください

専用駐車場あり(No.9,10)

建物内にエレベーターあり

院内にベビーカー置場あり

キッズスペースあり

各種保険取扱

土日祝日も夜9時まで診療

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院