五十肩の治療は横浜市緑区の長津田あおば接骨院

2020/01/08 肩の痛み

五十肩の治療は横浜市緑区の長津田あおば接骨院

 

通称「五十肩」と言われる疾患は、肩関節周囲炎と呼ばれるものです。

肩関節の周囲で起こる関節や筋肉の炎症がきっかけとなり、関節自体が「固まってしまう」ものを“凍結肩”といい、「拘縮」といわれる状態に陥ると、腕が上がらなくなったり、後ろに手が回らなくなったり、といった症状が出現します。

 

糖尿病や甲状腺疾患、心疾患などの内科的原因によるものを除くと、上記に書いた炎症や痛みに続発するものが多いと言われています。

また、何のきっかけもなく突然固まってしまった(拘縮した)場合は、筋肉や腱が変性したり、器質的な変化が原因になると言われています。

つまり、組織の水分量が低下して“ガサガサ”の状態になることで発症しやすくなる、これが五十肩と言われる所以なのかもしれません。

 

当院では、現在の症状が「拘縮によるもの」なのか「炎症」や「筋緊張」によるものなのか、または「複合しているか」などを判断させて頂き、患者様一人一人に合わせた治療計画を作成させて頂きます。

 

「痛みを取りたいのか」

「スポーツが出来るようになりたいのか」

「日常生活の特定の動作が出来るようになりたいのか」

といった患者様のニーズに合わせた治療プランをご提案させて頂きます。

 

<「五十肩」は放っておけば、そのうち治る>

よく聞くフレーズですが、実は何の根拠もないのが事実です。

炎症反応や筋痙攣による痛みは、安静にしておけば、そのうちに軽減する可能性は見込めます。

ですが、拘縮して(固まって)しまった関節は、放置しても治りません。

何かしらの可動域制限が残ると言われています。

また、“一年以上”放置してしまうと、不可逆的に固まってしまうため、リハビリしても改善できなくなってしまいます。

そのため、放っておけば大丈夫、ではなく早めの処置が大切です。

 

当院は、土日祝日も夜9時まで診療、専用駐車場も完備しております。

横浜市青葉区・都筑区・旭区、東京都町田市に隣接しており、とてもアクセスしやすい場所にあり、川崎市内からも多数の患者様が来院されております。

 

当院は、腰痛や肩こりといった日常生活で感じる痛みや違和感、不調などでも、気軽に施術を受けて頂けますので、何か気になることがある方は遠慮なくお気軽にご相談ください。

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

<アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 火曜日 午前の部</p>

※不定休のため、当院ホームページ「休診情報」もしくは当院にお問い合わせください

専用駐車場あり

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院