投球リハビリ外来6年目の思い・野球肘・野球肩で接骨院をお探しの方へ

2019/07/06 投球リハビリ外来について

「投球リハビリ外来」を以前の勤務先(むさしなかはら接骨院)にて立ち上げてから、現在の長津田あおば接骨院でも引き継ぎ、今年で6年目を迎えました。

 

接骨院の業界に入り10年以上の年月が経ちましたが、当初は経験論に近い形で指導してきました。

全国でも多いと思いますが、治療+αという形での指導がほとんどでした。

柔道整復師の資格を取得し、実際に治療にあたる中で、「どうしたら根本的に治せるのか?」という疑問を持ったのがきっかけでした。

「なぜ痛めてしまうのか?」

「どうして肘に負担がかかるのか?」

「どのようにしたら負担を減らせることができるのか?」

様々な疑問を一つずつ解消していく中で、身体の解剖学的特徴生理学的な根拠運動学的な分析力学的な効率性など、広く視野を持つことで、自分が歩んできた野球選手としての経験と融合する形で、「投球リハビリ理論」を作ることができました。

この理論を、少しでもわかりやすく、効率的に伝えるためにどうしたらいいか。

そこで生まれたのが、

「~一つでも多く、投球障害(野球障害)を減らすこと。~

~一人でも多く、投球障害(野球障害)で苦しむ選手を救うこと。~

~そして、選手の未来を 投球障害(野球障害)から守ること。~」

というコンセプトです。

 

「投球リハビリ外来」は、心から、野球肘や野球肩で悩んだり苦しんだりしている選手や子ども達を救いたい、助けたい。そんな「思い」から生まれました。

 

今まで、投球リハビリ外来を含めて、投球フォームについてアドバイスや指導をさせて頂いてた人数は、ゆうに500人は超えています。

長津田あおば接骨院を開業し、現在でも「投球リハビリ外来」は続けさせて頂いておりますが、幸いなことに現在もたくさんのご予約を頂いております。

 

インターネットで検索をすると、「投球リハビリ外来」という名前で投球指導を行なっている治療院さんや先生もいらっしゃるようですが、私が作り上げた「投球リハビリ外来」は、そんな私のたくさんの思いが詰まっています。

今後は、この投球リハビリ理論を全国の方々に知っていただこうと、準備をしております。

 

「投球リハビリ外来」は障害予防のための投球動作指導ですが、経験論や端的な指導ではありません。

たくさんの配信されている動画を見ると、逆に障害の原因になってしまうような指導をされている方も多くいらっしゃいます。

現在は情報社会なので、指導者の方々や保護者の方々もたくさんの情報を簡単に入手できる世の中になりましたが、どうか誤った情報に流されて欲しくない、というのが私の願いでもあります。

 

「投球リハビリ外来」がこの先、10年、15年と続けられた時に、何を思うか、何を感じるのかはわかりませんが、一人でも多くの方々の人生に関わり、少しでもお役に立てれば幸いです。

今後も関わる全ての方々のために、自分自身精進させていただきます。

 

院長 酒井大輔

 

 

野球肘や野球肩、その他の野球でのけがでお困りの方は、長津田あおば接骨院にぜひご来院ください。

 

 

 

 

☆「野球でのケガ」(ブログ)はコチラ

「野球肘」はコチラ

「内側型野球肘」はコチラ

「離断性骨軟骨炎(外側型野球肘)」はコチラ

*「後方型野球肘」はコチラ

「野球肩(リトルリーガーズショルダー・上腕骨近位骨端離開)」はコチラ

*「SLAP損傷(肩関節唇損傷)」はコチラ

「ボールを投げると腕が痛い(胸郭出口症候群)」はコチラ

「小学生に多い野球肘の症状」はコチラ

「野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)小学生」はコチラ

「リトルリーガーズショルダー(野球肩)小学生・中学生」はコチラ

「長津田でリトルリーガーズショルダーの治療ができる接骨院」はコチラ

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

※「マッサージで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

「小学生にもアイシングは必要?」はこちら

「投球リハビリ外来について」はこちら

「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

「スナップスローについて(動画)」はこちら

「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

「投球リハビリ外来で新しいサービスを開始します!(ムービーレッスンについて)」はこちら

「ムービーレッスンの登録方法について」はこちら

※「投球リハビリ外来ムービーレッスンについてのお知らせ」はこちら

 

雑誌 「COMPANY TANK 2020年9月号」に当院の記事が掲載されました。

元読売巨人軍・横浜ベイスターズの駒田徳広さんと院長 酒井との対談が掲載されています。

こちらをクリック

 

 

 

当院は土日祝日も夜9時まで診療専用駐車場も完備建物内にエレベーターもあるため、ベビーカーでの来院も可能です。

院内にキッズスペースのご用意もあり、ベビーカー置場もあるため、小さいお子様連れの方のご来院も歓迎いたします。

横浜市緑区・横浜市青葉区・横浜市都筑区・横浜市瀬谷区・横浜市旭区・東京都町田市に隣接しており、非常にアクセスが便利なため、川崎市内からも多数の患者様が来院されております。

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所:〒226-0018 

神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX:045-507-7260

<アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス/横浜市営バス 長津田駅発40系統「若葉台中央ゆき」

 『公園前』及び『玄海田』バス停下車 徒歩6分

 →バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック

・横浜市営バス 十日市場駅発65系統・55系統「若葉台中央ゆき」

 『中丸入口』及び『霧ヶ谷』バス停下車 徒歩10分

 →バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック(65系統)

 バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック(55系統)

・神奈川中央交通バス/横浜市営バス 若葉台中央発40系統「長津田駅入口ゆき」及び「長津田駅前ゆき」

 『公園前』及び『玄海田』バス停下車 徒歩6分

 →バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック

・長津田駅よりバスにて約4分

・十日市場駅よりバスにて約5分

・若葉台中央よりバスにて約10分

 

診療時間 :9:00-13:00/16:00-21:00

休診日:火曜日 午前の部

※不定休のため、当院ホームページ「休診情報」もしくは当院にお問い合わせください

専用駐車場あり(No.9,10)

建物内にエレベーターあり

院内にベビーカー置場あり

キッズスペースあり

各種保険取扱

土日祝日も夜9時まで診療

 

当院のGoogleウェブサイトはこちら

長津田あおば接骨院(Googleウェブサイト)

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院(facebook)

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院(エキテン)

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院(Instagram)

当院のTwitterはこちら

長津田あおば接骨院(Twitter)

院長 酒井大輔のYouTubeチャンネルはこちら

酒井大輔YouTubeチャンネル

長津田あおば接骨院のYouTubeチャンネルはこちら

長津田あおば接骨院のYouTubeチャンネル