投球リハビリ外来の始まりについて

2019/06/10 投球リハビリ外来について

長津田あおば接骨院、院長の酒井です。

 

今回は、投球リハビリ外来がなぜ始まったのか、についてお話したいと思います。    

 

私は、小学1年から地域のリトルリーグのチームに所属し、中学、高校、大学、社会人まで硬式野球を20年以上続けてきました。

ポジションは、ひと通り経験しましたが、一番長く続けたポジションはキャッチャーです。

 

私自身、野球肘、野球肩に悩まされ、塁間の距離すら、投げれない時期もありました。

 

プロ野球選手が通う大きな病院でリハビリに通ったこともあります。

 

リハビリテーションでは、関節や筋肉の使い方の指導がメインでした。

 

当時、リハビリをすることで勉強になることもたくさんありました。

 

 

しかし、「なぜ?」「どうして?」「どのように?」 といった指導が少なく、局所のカラダの使い方の指導がほとんど。

 

リハビリをしても体の使い方、痛みを出してしまう根本を治さずに結局再発してしまう選手が多くいるはずです。

 

このような過去の経験から、投球障害予防の方法やスキルなど、野球でのケガを全面的にバックアップ出来る治療院や先生の必要性を強く感じました。

 

 

現役時代(学生時代)は、今のような知識が無いなりに自分で投球フォームについて考え、何度も試行錯誤を繰り返し困難を乗り越えてきました。

 

 また、キャッチャーで得た経験は、今でもすごく財産になっています。

 

学生時代、恩師からピッチャーの投球フォームをよく観察するようにと言われ続けてきました。

 

そのおかげで、現役時代は、試合中でもピッチャーがボールをリリースした後の投球フォームを目で追うことが出来たくらいです。

 

なぜボールがシュートしたのか?」

「いいボール、わるいボールの時は、投球フォームのどこが違うのか?」

と常に考えを張り巡らせ、自分なりに研究を続けていたのも、今現在も役立っています。

 

これらの学生時代の経験、柔道整復師という資格を取って、運動学、解剖・生理学など医学的視点からも見れるようになったことで投球障害の治療、フォーム指導を幅広い視点から診れるようになりました。

 

現在、年間にして約200例の投球障害の治療、障害予防するために必要な知識のアドバイス、障害予防のための投球動作指導をさせていただいています。

 

 肩や肘のケガで甲子園、プロ野球の道を諦めた選手が何人いたでしょうか?

 (私自身、今から15年以上前の2002年、西東京代表でキャッチャーとして甲子園出場を経験しました。)

 

 

 

私たちは、ケガで苦しむ選手を日本から一人でも多く減らしたい。

 

そんな思いで投球リハビリ外来を始めました。

 

目標は、「日本から野球肘・野球肩になる選手をなくすこと」

 

この思いで、これからも横浜市から全国へ発信していきたいと思います。

 

 

 

投球でお困りの方、お気軽にご相談ください。

 

※「投球リハビリ外来について」はこちら

※「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

※「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

※「スナップスローについて(動画)」はこちら

※「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

※「投球リハビリ外来で新しいサービスを開始します!(ムービーレッスンについて)」はこちら

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院