小学生にもアイシングは必要?/長津田あおば接骨院

2019/12/26 投球障害予防のために

<小学生にもアイシングは必要か?>

 

これは保護者の方によく聞かれる質問の一つです。

結論からいうと、答えは“No”です。

まず、「投球後のアイシングによって投球障害が予防できる」というエビデンスが無い点。

次に、アイシングの目的です。

アイシングは、毛細血管などの微細な組織損傷が起こった後に、二次的低酸素症を最小限に抑えるという目的があります。

わかりやすく言えば、「壊れた細胞によって、周囲にある正常な他の組織も壊れてしまう」事を防ぐ目的です。

答えは”No”と書きましたが、例外は“明らかな痛みがある場合は冷やす”です。

小学生は身体的特徴として、代謝も盛んのため組織の回復が早い、という点があります。

壊れた組織の回復には「血流をよくする」ことが大切です。

そのため、明らかな痛みが無い場合は、むやみに冷やすことはおすすめしません。

それよりもストレッチなどのクールダウンをしっかりと行い、必要以上に筋肉の緊張や関節の可動域を低下させることが大切です。

 

中学生の場合は、身体の成熟度によって判断が変わります。

ですが、基本的には“痛み”がなければ、必ずアイシングが必要とは言えません。

投球後に“痛み”がある時はアイシングをする、という考え方で問題ありません。

 

ここで“痛み”と表現しましたが、小学生・中学生で投球後に“痛み”が出た場合は、「投球障害」を発症している可能性もあるので、早めの医療機関への受診をおすすめします。

特に、関節が曲がらない、伸びないといった“関節可動域の制限”が出ている場合は、早めの受診をおすすめします。

 

高校生以上の場合は、キャッチボールから試合前、試合中の投球数を加味すると、およそ200球以上を投げることもありますし、投球強度も高くなるため、ピッチングの数がある程度投げた際は、アイシングも適用も必要です。

この目安になる球数は、身体の成熟度や球速、投球強度(何%で投げたか)、身体のコンディション等を全て含めての判断が必要ですが、“痛み”を基準にすることも大切な要素です。

アイシングは投球後、速やかに(目安は20分)行うことが大切と言われています。

試合終了後に速やかにアイシングを行うことはできても、練習の際や、投手交代後に野手として試合の出場を続けた場合など、実際には難しい場合もあります。

また、アイシングをした後は投球を控えた方が良いため、野手兼任の投手などは難しいと言わざるを得ません。

 

もう一つ忘れてはいけないのが、アイシングによって「筋肉を冷やす」ことで硬くなってしまう可能性があります。

投球障害を予防する上で、必要なコンディションの要素に「肩甲骨の可動性」があります。

肩甲骨の可動域を確保するという意味で「柔軟性」は欠かせません。

また肩甲骨を胸郭に引きつける力「固定力」も安定した投球や障害予防には欠かせません。

 

必要以上に筋肉を冷やすことで、筋緊張が増加する可能性や伸張性の低下による可動域の低下を起こす可能性があります。

「柔軟性」を高めるためには、“血流をよくすること”、ストレッチなどで“伸張させること”が大切です。

肩甲骨の「固定力」を高めるためには、前鋸筋などの“トレーニング”が必要です。

 

大切なのは、“なぜ?”です。

アイシングもマッサージもストレッチもトレーニングも、全て目的があります。

「なぜ必要なのか?」が大切です。

また、目的に対して“何が効果的か”を考えることも重要です。

 

「硬さ」と表現する筋肉の状態は、様々な状態に分かれます。

筋緊張や硬結、スパズムといった質的な“硬さ”柔軟性低下の時に表現する“硬さ”は全く状態が違います。

これを全て同じ意味で捉えてしまうと、柔軟性が低下している人をマッサージすれば身体が柔らかくなる(柔軟性が向上する)とか、寝違えなどの筋緊張やスパズムが強い人にストレッチをすれば良くなる(筋肉がほぐれる)といった、生理学的に説明が矛盾する点が生まれます。

 

投球によって「靭帯などの組織が微細損傷を起こす」ことは可能性として考えられますが、靭帯組織などが損傷した場合は、炎症を起こすため“痛み”が出現する可能性が高くなります。

明らかな組織損傷がなく、運動によって血流がよくなれば、筋肉や腱などの伸張性は増加します。

ですが、通常の運動によって「靭帯が伸びる」ことは考えにくいです。

通常の運動で「靭帯が伸びる」という現象が起こるのならば、毎日ストレッチをしている人は「靭帯がゆるゆる」になってしまいます。

「損傷を起こした靭帯が修復する過程で、修復する環境が保持できない時に“伸びたまま修復されてしまうと、“緩さ”が生まれます。」

そこに“アイシング”の理論をぶつけても、ゆるくなった靭帯は戻りません。

一時的な血流量による“見かけの緊張度”です。

 

また「これだけやれば怪我は防げる」といった考え方も危険です。

例えば、「トレーニングだけしていれば怪我をしなくなる」とか「柔軟性さえ身につければ怪我をしなくなる」といった偏った思い込みは誤りです。

 

「なぜ怪我をするのか?」は一人一人、原因が異なるものです。

柔軟性といっても、ただ柔らかいだけでは“不安定”なだけです。

身体機能を高めていくためには、現状の把握と課題を見つけることが先決です。

 

 

長津田あおば接骨院では、一人一人に合わせた治療計画や、原因の追求、ストレッチやトレーニングの指導、ケアの方法や日常生活動作の指導などを行なっております。

投球障害の治療に対しても、医師と連携を取りながら、早期の復帰ができるようお手伝いさせていただきます。

 

当院では、投球障害を予防するための投球動作指導「投球リハビリ外来」をはじめ、動画による投球動作指導「ムービーレッスン」といった取り組みを行なっております。

少しでも興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

当院は土日祝日も夜9時まで診療、専用駐車場も完備しております。

横浜市青葉区・都筑区・旭区、東京都町田市に隣接しており、非常にアクセスしやすい場所にあり、川崎市内からも多数の患者様が来院されております。

 

 

 

 

 

 

 

☆「野球でのケガ」(ブログ)はコチラ

「野球肘」はコチラ

「内側型野球肘」はコチラ

「離断性骨軟骨炎(外側型野球肘)」はコチラ

*「後方型野球肘」はコチラ

「野球肩(リトルリーガーズショルダー・上腕骨近位骨端離開)」はコチラ

*「SLAP損傷(肩関節唇損傷)」はコチラ

「ボールを投げると腕が痛い(胸郭出口症候群)」はコチラ

「小学生に多い野球肘の症状」はコチラ

「野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)小学生」はコチラ

「リトルリーガーズショルダー(野球肩)小学生・中学生」はコチラ

「長津田でリトルリーガーズショルダーの治療ができる接骨院」はコチラ

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

※「マッサージで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

「アイシングについて」はこちら

「投球リハビリ外来について」はこちら

「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

「スナップスローについて(動画)」はこちら

「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

「投球リハビリ外来で新しいサービスを開始します!(ムービーレッスンについて)」はこちら

「ムービーレッスンの登録方法について」はこちら

※「投球リハビリ外来ムービーレッスンについてのお知らせ」はこちら

 

当院では新型コロナウイルス感染拡大予防のため

・ベッドや治療機器の可能な限りの消毒

・スタッフのマスク着用

・受付に手指消毒薬の設置

・窓とドアの開放による換気の徹底

・次亜塩素酸水による空間除菌

・患者様同士のソーシャルディスタンスの維持

・検温の実施

などを対策として徹底して行なっております。


また、対策の一環として、広い院内を有効に使うため、ベッド間の間隔をあけるなどして
「密集・密閉・密接」の3密を避けるよう対応しております。

 

※現在、出張による施術サービスを行なっております。

           詳しくはこちらをクリック

 

※院内のご紹介動画はこちらをクリック

 

 

当院は土日祝日も夜9時まで診療専用駐車場も完備建物内にエレベーターもあるため、ベビーカーでの来院も可能です。

院内にキッズスペースのご用意もあり、ベビーカー置場もあるため、小さいお子様連れの方のご来院も歓迎いたします。

横浜市緑区・横浜市青葉区・横浜市都筑区・横浜市瀬谷区・横浜市旭区・東京都町田市に隣接しており、非常にアクセスが便利なため、川崎市内からも多数の患者様が来院されております。

 

 

雑誌 「COMPANY TANK 2020年9月号」に当院の記事が掲載されました。

元読売巨人軍・横浜ベイスターズの駒田徳広さんと院長 酒井との対談が掲載されています。

こちらをクリック

※緑区.jpに院長 酒井のインタビュー記事が掲載されています。

こちらをクリック

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所:〒226-0018 

神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX:045-507-7260

<アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス/横浜市営バス 長津田駅発40系統「若葉台中央ゆき」

 『公園前』及び『玄海田』バス停下車 徒歩6分

 →バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック

・横浜市営バス 十日市場駅発65系統・55系統「若葉台中央ゆき」

 『中丸入口』及び『霧ヶ谷』バス停下車 徒歩10分

 →バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック(65系統)

 バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック(55系統)

・神奈川中央交通バス/横浜市営バス 若葉台中央発40系統「長津田駅入口ゆき」及び「長津田駅前ゆき」

 『公園前』及び『玄海田』バス停下車 徒歩6分

 →バス時刻表及び徒歩ルートはこちらをクリック

・長津田駅よりバスにて約4分

・十日市場駅よりバスにて約5分

・若葉台中央よりバスにて約10分

 

診療時間 :9:00-13:00/16:00-21:00

休診日:火曜日 午前の部

※不定休のため、当院ホームページ「休診情報」もしくは当院にお問い合わせください

専用駐車場あり(No.9,10)

建物内にエレベーターあり

院内にベビーカー置場あり

キッズスペースあり

各種保険取扱

土日祝日も夜9時まで診療

 

☆当院のLINEアカウントを是非友だち登録お願いします!

友だち登録はコチラから

当院のGoogleウェブサイトはこちら

長津田あおば接骨院(Googleウェブサイト)

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院(facebook)

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院(エキテン)

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院(Instagram)

当院のTwitterはこちら

長津田あおば接骨院(Twitter)

院長 酒井大輔のYouTubeチャンネルはこちら

酒井大輔YouTubeチャンネル

長津田あおば接骨院のYouTubeチャンネルはこちら

長津田あおば接骨院のYouTubeチャンネル