「幼児の肘の痛み、肘が抜けた」肘内障は長津田あおば接骨院へ

2019/06/11 肘の痛み
ロゴ

「幼児の肘の痛み、肘が抜けた」肘内障は長津田あおば接骨院へ

 

子供が遊んでいる時に突然腕を使わなくなった、手をつないでいて車や自転車を避けようと引っ張った時に泣き出したなどの事が起きた場合、肘が亜脱臼している可能性が高いです。この状態を肘内障(ちゅうないしょう)と呼びます。

 

 

肘内障とは幼児の場合骨がまだしっかりと形成されていないので骨のカーブが浅く、肘の関節を構成している骨の一つが骨を押さえている輪っか状のじん帯(ベルトのような組織)を途中まで乗り越えかけている状態のことです。

 

 

ほとんどの場合肘を曲げて元に戻してあげれば泣き止み、通常使用しますがなんとなく腫れぼったいもしくは泣き止まずに全く肘を使おうとしない場合は肘内障ではないかしっかり骨が戻りきっていない可能性があるのでその場合はお近くの医療機関に受診して下さい。

また上記の症状でお困りの方は「長津田あおば接骨院」までご相談・ご来院下さい。

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院