バスケットボールで足首の捻挫は長津田あおば接骨院へ

2019/06/21 バスケットボールでのケガ

バスケットボールで足首の捻挫は長津田あおば接骨院へ

 

バスケットボールはジャンプだけではなく、相手と接触したり、急なストップやターンなど足首を捻りやすい競技の一つです。

 

足首は構造上、内側に捻りやすく、一般的に前距腓靭帯という外くるぶしの前にある靭帯を損傷しやすいといわれています。

「捻挫」とは、「骨と骨の間に起こる急激なねじれ、あるいは激しい外力による関節周辺の関節包や靭帯の損傷をいう」と定義されています。(柔道整復学・理論編 改訂第5版/南江堂より引用)

つまり、捻挫の場合は、関節の周りにある靭帯などの組織が傷ついている状態なので、早く治す場合は固定が必要です。

もちろん骨折を疑うような強い腫れや痛みがある時は、しっかりとした副子(シーネ)を当てて固定をし、松葉杖が必要になります。

ですが、痛みはあっても通常に歩行ができる程度のものであれば、テーピング固定にすることがほとんどです。

関節の動きを抑えるために、伸び縮みしないホワイトテープを使って固定をします。

傷が修復する目安の期間は3週間ほどです。※状態により異なります。

 

「そのうち治るだろう」と放置される方が多いのも事実ですが、痛みを無意識にかばうことで、その他の筋肉などに負荷がかかり、痛みが取れなかったり、修復期間が延びてしまいなかなか治らない、といった事になることも少なからずあります。

 

何事も早めの処置が大切です。

必要以上に長引かせないためにも、お早めに受診されることをおすすめいたします。

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

専用駐車場あり

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院