内側型野球肘

2020/02/12 野球でのケガ

<内側型野球肘について>

 

成長期における“野球肘”でもっとも多いとされるのが、「内側型野球肘」です。

手のひらを正面に向けた状態で、身体の内側の方の肘に痛みが出るのが特徴です。

 

症状は、ボールを投げると痛い(投球時痛)、肘の曲げ伸ばしが痛い(屈伸時痛)、肘の曲げ伸ばしが制限される(可動域制限)、腫れる(炎症)、動かすと痛い(可動時痛)などが出現します。

 

痛みの原因になっている箇所や状態により症状は異なります。

 

痛みの原因として、筋肉や腱といった組織で炎症を起こすこともありますが、代表的なものは“骨端線”と呼ばれる“軟骨”です。

成長期には、肘の周囲には6箇所の骨端線が現れます。

骨端線は骨が成長するのに必要不可欠な軟骨組織です。

 

投球時には、テイクバックからリリースにかけて、肘に対して外反トルク、つまり外側に引っ張られる力がかかります。

骨が成熟していれば、骨より靭帯に負担がかかり靭帯損傷を起こします。

プロ野球の選手で内側側副靱帯の手術(代表的なものにトミージョン手術)をしたと聞いたことがあると思います。

まだ骨が未完成な成長期の選手の場合、靭帯よりも軟骨の方が構造的に弱いため、靭帯や筋肉に引っ張られてしまい、軟骨に損傷を起こしてしまいます。

これが「内側型野球肘」です。

○内側型:上腕骨内上顆下端裂離・分節、上腕骨内上顆骨端離開・分節、鈎状結節部裂離、内側側副靭帯損傷、内側上顆炎など

 

・10〜12歳 「上腕骨内上顆下端障害及び裂離骨折」

・13〜14歳 「上腕骨内上顆骨端離開」

・15〜16歳 「尺骨鉤状結節部裂離骨折」

 

損傷を起こす場所や損傷の仕方などは、骨の成熟度によって変化します。

また、骨年齢は±4歳くらいの幅があると言われています。

つまり、同じ年齢でも骨の成熟度には個人差があるということです。

 

整形外科にて“肘の内側の剥離骨折”と言われているものも含まれています。

 

「内側型野球肘」は比較的予後が良いとされていますが、離開の幅が大きければ手術になってしまったり、将来的に靭帯損傷のリスクが上がったり、肘の曲げ伸ばしに制限が残ったり、肘が曲がってしまうこともあります。

 

そのため、痛みが出た時は無理をする前に早めの受診をおすすめいたします。

 

 

[上腕骨内上顆下端障害]

 

肘の内側の骨に黒い線が横に入っている部分です。(→の先)

これは、肘の内側の靭帯が骨に付着する部分です。

ボールリリースのために腕を加速させた際に、靭帯を介してこの部分に牽引力がかかります。

それが結果的に骨に負担をかけることになり発症します。

 

上の写真は“下端障害”ですが、“剥離骨折(裂離骨折)”とは少し異なり、徐々に症状が進行するため、初期の場合などでは“ボールを投げなければ痛くない”ケースが多いのが特徴です。

 

「骨に異常があれば腫れるし動かせない」

と思われている方も多いですが、下端障害の場合、関節可動域制限(肘が曲げきれない、伸ばしきれない)が出現することがありますが、日常生活動作には支障がない場合がほとんどのため、注意が必要です。

 

“一球で発症するケース”も存在し、その時は“裂離骨折”となるため、状態に応じて固定が必要になります。

[上腕骨内上顆骨端離開]

 

骨が成熟していくと、肘の内側の骨自体(骨端核)が出来てきます。

さらに、中学生頃になると筋力も強くなってくるため、“下端障害”のように靭帯に牽引力だけでなく、円回内筋という筋肉が骨端核そのものを引っ張り発症します。

 

骨年齢が“下端障害”を起こす年齢より比較的高い年齢で起こすことが多いため、小学校高学年より中学生の方が多いと言われています。

 

実際は骨年齢に±4歳くらいの幅があることや、以前から徐々に症状が出現している可能性などから、“下端障害”と“骨端離開”を併発しているケースも多く見られます。

 

また、“骨端離開”の場合、離開の幅が広い場合は手術が適用になる場合もあるため、注意が必要です。

 

“骨端離開”も徐々に症状が出現するケースと、一球で発症するケースがあります。

 

”徐々に症状が出現するケース”では、投球時痛、屈伸時痛、関節可動域制限、腫れが見られることがありますが、日常生活動作に支障がないケースも見られます。

“一球で発症するケース”は、骨折の症状に準ずるため、あまりの痛さに腕をダランとする(デッドアーム)の状態になったり、腫れも強く出ます。

そのため、“一球で発症するケース”の場合、シーネなどを用いて固定が必要になります。

野球肘になってしまう原因には、

・誤った投球フォーム(投げ方が悪い)

・投げすぎ(投球数過多)

・投球強度のミス

・身体機能の低下(柔軟性や筋力不足)

・コンディション不良

などがあります。

 

ほとんどのケースでは、上記の原因が混合しています。

投球数の制限は確かに大切ですが、投球数の制限だけで野球肘は防げません。

野球肘を予防するには、投球数の制限だけではなく、肘に負担のかからない投球フォームを身につけたり、必要最低限の筋力や柔軟性を身につけたり、身体の使い方の訓練などが必要です。

 

「内側型野球肘」を発症してしまったとしても、痛みが取れるまで放っておくよりも、状態を見極めた上で、必要な治療やリハビリを行うことで、関節可動域の回復や筋緊張の改善などが見込めます。

 

「怪我をしていても出来ることはたくさんある」

 

当院では早期復帰に加えて、本当の意味での再発予防のために、治療からリハビリ、トレーニングやストレッチの指導に加え、投球フォームの指導(投球リハビリ外来)も行なっております。

 

投球障害の症例数は1000を超え、投球リハビリ外来での指導件数も600を超えています。

 

当院では、野球肘の障害予防から再発予防、パフォーマンスアップまで幅広くフォローさせていただきます。

 

 

長津田あおば接骨院は土日祝日も夜9時まで診療、専用駐車場も完備、建物内にエレベーターもあるため、ベビーカーでの来院も可能です。

院内にベビーカー置場、キッズスペースのご用意もあるため、小さいお子様連れの患者様も歓迎しております。

横浜市緑区・青葉区・都筑区・瀬谷区・旭区、東京都町田市に隣接しているため、非常にアクセスが良く川崎市内からも多数の患者様が来院されております。

 

内側型野球肘でお困りの方は、ぜひ当院にご来院ください。

 

 

 

「野球肘」はコチラ

「内側型野球肘」はコチラ

「離断性骨軟骨炎(外側型野球肘)」はコチラ

*「後方型野球肘」はコチラ

「野球肩(リトルリーガーズショルダー・上腕骨近位骨端離開)」はコチラ

「ボールを投げると腕が痛い(胸郭出口症候群)」はコチラ

「小学生に多い野球肘の症状」はコチラ

「野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)小学生」はコチラ

「リトルリーガーズショルダー(野球肩)小学生・中学生」はコチラ

「長津田でリトルリーガーズショルダーの治療ができる接骨院」はコチラ

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

※「マッサージで投球障害を予防できるのか?」(動画)はこちら

「小学生にもアイシングは必要?」はこちら

「投球リハビリ外来について」はこちら

「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

「スナップスローについて(動画)」はこちら

「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

「投球リハビリ外来で新しいサービスを開始します!(ムービーレッスンについて)」はこちら

「ムービーレッスンの登録方法について」はこちら

 

 

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所:〒226-0018 

神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX:045-507-7260

<アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

 

診療時間 :9:00-13:00/16:00-21:00

休診日:火曜日 午前の部

※不定休のため、当院ホームページ「休診情報」もしくは当院にお問い合わせください

専用駐車場あり(No.9,10)

建物内にエレベーターあり

院内にベビーカー置場あり

キッズスペースあり

各種保険取扱

土日祝日も夜9時まで診療

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院