野球肩(上腕骨近位骨端離開・リトルリーガーズショルダー)の原因は?

2019/09/29 野球でのケガ

野球肩(上腕骨近位骨端離開・リトルリーガーズショルダー)の発生原因は何か?

 

成長期(特に小学校高学年から中学生)に多い投球障害の一つに「野球肩」があります。

この疾患がなぜ起こるか?は成長期特有の構造、「成長軟骨(骨端線)」が損傷を受けるためです。

→参考はコチラ※リトルリーガーズショルダーについて

 

障害の発生原因の一つに“投球フォーム”が挙げられます。

つまり、投げ方が悪いと野球肩になるリスクが上がることになります。

では、「どんな投げ方(フォーム)」が当てはまるか、です。

 

今回は「フォロースルー」にフォーカスしたいと思います。

 

「フォロースルー」とはボールをリリースした後で、“ブレーキ”をかける動作のことです。

投げる時はボールをリリースするまで「全力で加速」させます。

フォロースルーとは、その全力で加速させたあとに、「急ブレーキ」をかけることを意味します。

 

強いボールや速いボールを投げれば投げるほど、ブレーキを強くかけなければいけなくなります。

つまり、「ブレーキのかけ方」が悪いと、それが障害の原因になります。

 

フォロースルーは体重移動+回転運動で投球フォームが正しく遂行されれば自然と正しい動きが導かれます。

本来は、体重移動や回転運動を修正することが大切です。

 

「きちんと体重移動することで後ろ脚が投球方向に導かれる」

「きちんと回転運動をすることで肩だけではなく背中や下半身の筋肉で力が吸収される」

フォロースルー時に肩の先が相手に見えるくらいまで回転すること

相手側から、カタカナの「イ」の形になるようにすること

 

この形が取れず、自分の胸が相手に見える状態で腕を振ってしまうと、肩に負担がかかり「野球肩」が発症しやすくなってしまいます。

 

 

当院では、野球肘や野球肩といった投球障害を予防するための投球フォーム指導(投球動作指導)プログラム「投球リハビリ外来」を行なっております。

障害予防から早期復帰に向けた準備をする上でも非常に大切です。

投げ方が悪いまま復帰をしても、また痛めてしまう可能性があるからです。

 

実際に痛みが無い場合でも「投球リハビリ外来」を受けていただくことは可能です。

怪我をしにくい投げ方に興味がある方はお気軽に当院にお問い合わせください。

 

長津田あおば接骨院は土日祝日も夜9時まで診療、専用駐車場も完備しております。

横浜市緑区・青葉区・都筑区・旭区に隣接しており、東京都町田市、川崎市内からもたくさんの患者様にご来院いただいております。

アピタ長津田・スーパービバホームが目印です。

 

*「小学生に多い野球肘の症状」はコチラ

*「野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)小学生」はコチラ

*「リトルリーガーズショルダー(野球肩)小学生・中学生」はコチラ

*「長津田でリトルリーガーズショルダーの治療ができる接骨院」はコチラ

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?」はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?」はこちら

※「投球リハビリ外来について」はこちら

※「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

※「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

※「スナップスローについて(動画)」はこちら

※「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

<アピタ長津田・スーパービバホーム前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

専用駐車場あり

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院