長津田でリトルリーガーズショルダーの治療は長津田あおば接骨院

2019/07/08 野球でのケガ

長津田でリトルリーガーズショルダーの治療は長津田あおば接骨院

 

小学生や中学生に多い野球肩」の代表的なものに「リトルリーガーズショルダー(リトルリーガー肩)」があります。

繰り返しの投球動作の負荷により、上腕骨の近位骨端成長軟骨の部分で炎症を起こしたり、実際に軟骨の部分で損傷を起こしてしまうものです。

軟骨は構造的にも弱く、負荷に対してダメージが受けやすい部位になります。

程度にもよりますが、実際に骨端離開してしまった場合は骨折としての治療が必要になり、状態が悪化すると変形が残ってしまうこともあります。

 

まずは、状態に応じて患部の安静が基本になりますが、投球時にのみ痛みが出現し、日常生活では痛みが伴わないことも多くあります。

そのため、最初の段階で痛みの原因は何か、を探ることが大切になります。

肩で起こる疾患ですが、痛みの訴える場所は、肩全体の痛みとして訴えることもあるので注意が必要です。

 

そして、患部を安静にして炎症が消失した後に、次は関節可動域の改善を行います。

リトルリーガーズショルダー(リトルリーガー肩)を起こしてしまう場合、肩関節の他動的な内旋可動域が低下するともいわれているため、関節可動域訓練は重要です。

 

判断が難しいことの一つに、改善傾向が得られたとして、いつから?どのくらい?投げてもいいのか、という判断です。

 

当院では、症例数も数多くあり、初診時の症状や痛みが出たきっかけなどからも症状を判断し、必要に応じて医療機関をご紹介いたします。

その画像の結果を元に、治療計画を立てます。

その後、治療からリハビリまで含めて当院でフォローさせていただきます。

投球開始の判断も責任を持って指示させていただきます。

 

「マッサージで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

※「投球リハビリ外来について」はこちら

※「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

※「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

※「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

 

野球肘、野球肩などの投球障害の治療は、横浜市緑区にあり、青葉区からも近い長津田あおば接骨院にお任せください。

当院は駐車場完備土日祝日も夜遅く(夜9時)まで診療しております。

ご来院をお待ちしております。

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

専用駐車場あり

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院