野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)は長津田あおば接骨院へ

2019/06/12 野球でのケガ

野球肘外側型(離断性骨軟骨炎・OCD)は長津田あおば接骨院へ

 

「離断性骨軟骨炎(OCD)」は野球肘外側型に分類されますが、“肘のガン”ともいわれています。

この疾患は肘の外側にある腕頭関節という部分で起こるため、外側型と名前が付いています。

内側型と外側型で何が違うの?と思われる方も多いと思いますが、内側型は牽引力によって引き剥がされる現象ですが、外側型は最終的に軟骨が剥がれ落ちます。

内側型は軽度の物であれば、数週間で痛みもとれ、投球が可能になります。

ところが、外側型は初期であっても、痛みが取れても数ヶ月は投球が許可できません。

それは、修復に時間もかかり、最悪の場合、軟骨移植が必要になるからです。

様々な要因が文献で見られますが、私が今のところ有力だと思うのは、「血流障害+二次的な機械的刺激だと考えています。

つまり、血流障害によって軟骨組織が弱くなり、投球時の負荷によってダメージを受ける。というものです。

 

私は、この離断性骨軟骨炎を十数例に渡り、手術をすることなく治癒に至るのを見届けてきました。

ですが、様々な理由で手術に至った症例も見てきました。

 

野球が大好きで、今が一番楽しくて打ち込みたい!そんな年齢に起こる疾患がこの疾患です。

初期であればあるほど、悪化するリスクは下がり、回復する可能性も高くなります。

 

投球障害は初期の場合、日常生活動作では痛みは基本的に出ません。

投げる時しか痛くないので、様子を見られたまま悪化してしまうケースも少なくありません。

早めの受診をおすすめいたします。

 

当院では、様々な投球障害を一日でも早く治すために、LIPUS(ライプス)と呼ばれる特殊な超音波治療器を導入しております。また、オンパー治療器(超音波浴)や電気治療も組み合わせて、一日も早い回復を目指します。

回復した後は。「投球リハビリ外来」にて障害予防のための投球動作指導も行います。

 

投球障害の治療は、長津田あおば接骨院にお任せください。

 

「マッサージで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

※「投球リハビリ外来について」はこちら

※「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

※「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

※「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院