小学生に多い野球肘の症状について(長津田あおば接骨院)

2019/06/11 野球でのケガ

小学生に多い野球肘の症状について(長津田あおば接骨院)

 

小学生に多い野球肘の症状は、ボールを投げると痛い

また、肘が伸びない曲がらないといった症状が主な症状です。

野球肘には内側型・外側型・後方型の三つがあります。

身体的な構造が異なるため、成長期と成長期以降によりダメージを受ける組織が変わります。

今回は一番多い、成長期の内側型について書きます。

 

成長期の肘の周囲には、“成長軟骨”と呼ばれる軟骨組織があり、6箇所の部分で骨が大人の骨になるために骨化が進行します。

軟骨組織は靭帯組織よりも柔らかいため、成長期の子どもにとって構造上の弱点になります。

 

ボールを投げる際に、トップと呼ばれる位置から、腕を最大限に加速させ、ボールをリリースする。

まさにその時に、肘の内側には牽引力(引っ張られる力)がかかります。

その時に、肘の内側にある靭帯や筋肉が軟骨を引っ張ることにより、「上腕骨内側上顆下端障害」や「上腕骨内側上顆骨端離開」、「上腕骨内側上顆下端裂離骨折」などが起こります。

通称「肘の内側の剥離骨折」と呼ばれるものです。

軟骨や骨組織での炎症が強ければ、投球を中止することも大切な選択肢になります。

 

当院では、投球障害の治療経験豊富な先生が、症状から状態を判断し、治療計画を立てていきます。

特に、○月○日の試合には間に合わせたい!などの要望にも応えられるように、治療や練習の復帰までスケジュールを踏まえたプランニングをご提案いたします。

 

野球での肘の痛みでお困りでしたら、一度ご来院ください。

また、障害予防のための投球動作指導もしております。

 

「マッサージで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

「ストレッチで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

「筋トレで投球障害を予防できるのか?(動画)」はこちら

※「投球リハビリ外来について」はこちら

※「投球リハビリ外来の始まりについて」はこちら

※「投球リハビリ外来のご紹介(動画)」はこちら

※「呉竹柔整鍼灸専門学校 活躍する卒業生のREAL VOICE に掲載されました」はこちら

「投球リハビリ外来6年目の思い」はこちら

「投球フォーム指導(投球動作指導)を行う接骨院」はこちら

 

 

長津田あおば接骨院

 

住所 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモールみなみ台2階7号室

TEL/FAX 045-507-7260

アクセス

・JR横浜線・東急田園都市線「長津田駅」より徒歩25分

・JR横浜線「十日市場駅」より徒歩20分

・神奈川中央交通バス 長津田駅発40系統「若葉台中央行き」『公園前』バス停下車 徒歩6分

・長津田駅よりバスにて4分

・若葉台中央よりバスにて10分

<長津田アピタ・スーパービバホーム目の前のクリニックビル2階>

 

診療時間  9:00-13:00/16:00-21:00

休診日 水曜日

土日祝日も夜9時まで診療しております

 

当院のGoogleウェブサイト

長津田あおば接骨院

当院のfacebookページはこちら

長津田あおば接骨院

当院のエキテンはこちら

長津田あおば接骨院

当院のInstagramはこちら

長津田あおば接骨院